数珠とは 珠数珠は『念珠』、『寿珠』などともいわれ、現在もっとも身近な仏具として広く普及しています。 数珠は本来、お経を読む回数を数える道具でした。つまり、『数を念ずる』、『数を記す』ためのものとして『数珠』と呼ばれるようになったと言われています。 現在は仏式のお葬式や法要には欠かせないものとなり、また厄除け、お守りとしての役割も担っています。 またお祝いやアクセサリーとして使用する場合も増えており、その価値が見直されています。